キャットフードに含まれるビートパルプ③

ビートパルプをキャットフードに入れる理由は一体何なのでしょうか。

薬品でビートパルプを絞り出すのに効率が良いためその際に使う硫酸系がビートパルプに残っているようですがそもそもはキャットフードのかさ増しのためのようです。かさ増しなので結局は利益だけのためのような気もします。

ビートパルプには可溶性繊維だけではなく不溶性食物繊維も含まれています。その影響から便秘状態になりやすくなります。キャットフードによっては可溶性繊維を売りにしていますがそもそも食物繊維を取り入れるのにビートパルプでなくていいと思われます。

飼っている猫の便が緩い時と硬い時を繰り返すことが定期的に起こったりするのでもしかするとビートパルプの影響かもしれません。費用と原材料がなかなか一致せずどのキャットフードが良いのか分からなくなっていることは確かです。飼い主が一番重要とするポイントをしっかり押さえておき選ぶときに困らないようにしましょう。

可燃性繊維だけのメリットを聞くといいことばかりですがデメリットもよく理解しておくことが大事です。結果的に大きな害はないようですが便秘の可能性は高いようです。

シンプリーキャットフードがおすすめ!

キャットフードに含まれるビートパルプ(不溶性食物繊維)

ビートパルプには不溶性食物繊維も含まれています。食物繊維は基本的に消化がされず体内でも栄養にはなりません。そのためビートパルプはかさ増しのために入れられたものとなりますが、この不溶性食物繊維は水に溶けづらいので腸内の掃除もしてくれます。そして便を硬くし便の排出量も増やすようです。便の量が増えることで腸の運動を活発を促します。そして腸内通過時間も保つことができるよう硬さと排出量を増加します。通常は便通を改善するので良い影響と思われがちですが猫の場合は調節が必要となります。そのため便が柔らかくなってしまったりするようです。

猫は元々肉食動物で便秘がちなことからビートパルプはあまりいい影響がないと思われます。飼い主の方には硬くなった便の方が処理が楽だと思いますがコロコロになりすぎている便はビートパルプの影響です。コロコロの便は水分も奪われていて元々水分不足である上にさらに水分不足となります。そして体調の変化にも気づきにくくなってしまいます。そもそも品質の良いキャットフードにはビートパルプは含まれていないことが多いようなので良い面もあるようですが、悪い面の影響の方が大きく出ることは間違いないようです。

シンプリーキャットフードの給餌量は?

キャットフードに含まれるビートパルプ(可溶性繊維)

ビートパルプとはどんなものか知っていますか?

ビートパルプとは砂糖大根から砂糖を抽出し残った繊維質を指します。ビートパルプは主に牛などのえさに使われています。そして品質の良いキャットフードには含まれていないことも特徴となります。このことからキャットフードにビートパルプが必ず必要でないことが分かります。

この繊維質には可溶性繊維が含まれており水に溶けて消化を助ける働きをします。腸管にたまっている善玉菌のえさとなるので善玉菌を増やすことができます。そして腸を有害物質からも守ります。悪玉菌から守ることができるので腸内環境を整えます。便も適正な硬さに調整し臭いもましになります。

可溶性繊維は良いことづくめで良いイメージばかりですが実際のところは状態の悪いビートパルプの使用もあり、この可溶性繊維だけならば猫にいい影響を与えるはずです。しかしビートパルプを絞る際機械に硫酸系の薬剤が残っている可能性があることも事実です。この薬剤を使うことで作業時間を短縮しスムーズに行えることから使用しているようですが特別危険な要素もないようです。ですが硫酸と聞いて良いイメージがある人はいないのではないでしょうか?

シンプリーキャットフードは楽天で売ってる?

水泳ダイエットの効果的な方法

水泳ダイエットを効果的に行うにはどうすればいいでしょう。

水泳ダイエットの利点は、泳げずともカロリー消費ができるというところです。

ダイエットのために体を動かしたいという気はあっても、腰や膝に負担をかけられないという方は、水中での運動でなら重さを感じないために安全なダイエットができます。

プールを使うのは多くの場合有料ですが、公共のプールならスポーツクラブのプールなどよりずっと安いので、繰り返し通ってもお金はさほどかかりません。

最初は100m~200mを目標に泳いでみて下さい。

水泳をしている時に疲労を感じたら、休憩時間を差し挟むようにします。

コンディションと合わせて考えながら何セットかを泳ぎます。

徐々に長く泳ぐようにしましょう。

水泳ダイエットの目安は、週に2回から3回程度です。

今度はなるべく休まずに連続で泳ぎます。

体調に合わせて数セット行います。

さらに距離をどんどん伸ばして行くことで、ダイエット効果も倍増します。

水泳をしている間は思った以上に汗をかきます。

こまめに水分を補うようにしてください。

また、体脂肪の燃焼を促進するにはリパーゼの働きを高めるためにアミノ酸を取り入れるといいでしょう。

アミノ酸が脂肪分解酵素リパーゼの働きを促進することで、体脂肪が血液中に流れ込み安い状態にできるといいます。

水泳で血液中の脂肪分を上手に使うことによって、人体に存在していた脂肪を速やかに代謝できるという流れです。

水泳や水中運動をする30分前くらいにアミノ酸を摂取するようにすると、効果的に脂肪が燃えるようになりダイエットにもなります。

健康的なダイエットをするには、自分自身の体のことを深く知った上で自分に合ったダイエットを実践することが大事です。

現時点の自分の体型や食事、生活を把握した上で水泳ダイエットに取り組んでいきましょう。

水泳によるダイエットのメリットについて

ダイエットのために水泳をすることの魅力は一体何でしょう。

水泳でダイエットをする利点は、水に浮力があるために腰に負荷がかかりにくいという点です。

そのため、肥満体型の方やお年寄りでも安心してダイエットができます。

陸上の運動をしすぎたために、足腰に負担がかかってダイエットを中断したという人もいます。

水泳ダイエットは、関節に優しいダイエットです。

水の抵抗を受ける為にゆっくりとした無理のない運動でも、かなりの運動量になる事もダイエットとしては大きなメリットです。

水中で手を振ったり足を上げたりするだけでも、陸上での動作より運動量が多くなります。

水泳ダイエットのいいところは、単純にダイエット効果の他にも、全身運動をすることで体中の筋肉を使うことができるという点にあります。

水泳ダイエットの良いところはこれだけではありません。

心肺機能が改善することも水中運動の特徴です。

水圧の効果で体に圧力がかけられ、代謝機能が改善してダイエットがしやすくなります。

運動の割には消費するカロリーが多い事もメリットです。

陸上で使うカロリー量は、水中で使うカロリー量の1/20です。

水中はそれだけカロリーをよく使う場所であり、ジョギングの4倍のカロリーを水中で使うことができます。

数ある運動の中でも、水泳は群を抜いた消費カロリーなので、他のダイエットで挫折した人は是非水泳をダイエットに取り入れてみてはいかがでしょうか。

水泳ダイエットとは

ダイエットには色々な手段がありますが、水泳で痩せる方法もあります。

水泳ダイエットは、有酸素運動によるダイエット方法の代表です。

脂肪を効率よく消費するには、熱の通りがいい水に入って皮膚の温度を下げることも有効なのです。

ダイエットのために有酸素運動をするなら、ある程度の時間は続けなければなりません。

プールの片道を泳いでは息が整う迄休み、また泳ぐという方法では水泳ダイエットの効果は薄れます。

筋肉に負担の大きい運動をすると無酸素運動になり、ダイエットを目的とした水泳ができないことになります。

水泳で有酸素運動をするためには、きちんと息継ぎをして、正しい姿勢で泳ぐことで、継続して泳ぎ続けるようにすることが大事です。

有酸素運動による水泳でダイエットをするには、30分から1時間は泳ぎ続けなければいけません。

水泳でダイエットをするには、まとまった時間泳げるようになることが第一です。

泳ぎに不慣れな状態では、泳ぎ続けようと思ってもなかなか思うようにはいかないものです。

焦らずじっくりと段階を追って技術取得に取り組む事が、水泳ダイエット成功への一番の近道と言えます。

水泳ダイエットの方法は、必ずしも泳ぐ事だけではありません。

水泳は苦手、足腰が弱い、体重が重い方の場合には、水泳よりも水中ウォーキングの方が向いているでしょう。

水泳ダイエットは水の抵抗がある中での運動の為、水中ウォーキングだけでも立派なダイエット運動になるのです。

夏風邪で高熱が出たら

夏風邪で高熱が出てしまったら、どうすればいいのでしょうか?

まず病院に行く。これは当たり前ですね。

でも、病院が休みだった!なんてこともあると思います。

そんなときにどうすればいいかお話します。

まずは、水分補給を欠かさないように心がけましょう。

熱が出ているときは汗をたくさんかきますので、水分を補給しないと脱水症状になってしまいます。

スポーツドリンクで水分補給をすると良いですね。

次に発熱に関してです。

みなさんは熱が出たら下げないといけないと思っていませんか?

実は、何でもかんでも熱を下げようとするのは間違いなのです。

風邪をひいた時に熱が出るのは、身体がウイルスと戦っているからなのです。

この時に無理に熱を下げてしまうと、ウイルスとの戦いを邪魔してしまって、結果的に治りが遅くなってしまいます。

だから、無理に熱を下げない方がいいのです。

ですが、熱のせいであまりにも辛くて水分補給もままならない状態や、辛くて一人で病院に行けないのに病院に連れて行ってくれる人がいない場合などは、熱を下げてもいいでしょう。

そこら辺は臨機応変にいきましょう。

基本は熱を下げない方がいいです。